旧国道387号線・阿子洞隧道

トップページに戻る道路旧道一覧に戻る後編に続く



   
A地点 旧道分岐 A地点から玖珠方面(旧道)を見る。

玖珠町日出生地区の旧国道に2本の隧道が残されている。新国道にトンネルや橋梁といった目ぼしい建造物が見当たらなかったので廃止年は不明だが、何冊かの地図を比べて見た結果1992年頃の廃止だと思われる。
   
B地点 旧道は待避場以外は離合不可の1車線。 東側から旧道に入るとすぐに最初の坑門が見えてくる。


 
第二阿子洞隧道 院内側坑門
昭和26年竣工 延長81m 幅員3.4m 高さ4.0

昭和26年竣工の隧道にしては幅3.4mと狭めであり、そのせいか実際の竣工年より古ぼけて見える。 実際にこの断面の狭小さは改良途上の国道では問題があったようで、院内町下恵良(宇佐市からこの辺りまでは比較的古くから改良が進んでいたようだ)に「この先13km」という補助標識付きでここと同じ幅の制限標識が今も残っていた。
   
歩行者注意 隧道内部。大部分がコンクリートで補修されている。

今では車さえほとんど通らない旧隧道だが、約1km離れた日出生に小学校と中学校があるのでかつては通学路にもなっていたのかもしれない。 短い内部には歩行者用と思われる蛍光灯が数箇所に設置されていた。
 
第二阿子洞隧道 玖珠側坑門

こちら側の坑門は全面的にコンクリートで改修されていて、院内側とは全く趣が異なっている。
   
扁額 一部が石積みの内部

院内側になかった扁額がこちら側には残っていたため、2本の内でこっちの隧道が第二隧道であることが判明した。 最初「山形の廃道」の全国隧道リストを見た時は、第二阿子洞(隧道は付かない)が正式名称かと思っていたが、どうやら地図には見えない字「阿子洞」と言う地名があるようで、阿子洞・隧道ということらしい。
ところでこの内部の下部だけ石積みと言う造りは、四国・魚梁瀬の県道12号線(軌道跡)辺りでよく見かける物であり、これも実際の竣工年より古く見せる原因の一つかもしれない。
   
C地点 隧道間の明かり区間。 100mも行かない内に次の隧道が姿を見せる。


トップページに戻る道路旧道一覧に戻る後編に続く