江畑隧道
 
江畑隧道周辺

江畑隧道は香川県仲多度郡の満濃町と仲南町を結ぶ町道にあった隧道である。 とは言えこの町道の江畑〜春日間は比較的最近の開通のようなので、隧道が現役であった頃は 隧道が示す通り、江畑地区に出入りするためだけの道だったようだ。
私はこの隧道の情報は全く持っておらず、探索時に場所さえ調べてないという有様だったので、 その辺は同行者・マフ巻きさんの「ツーしま。」を参照していただきたい。

トップページに戻る道路旧道一覧に戻る


 
北側旧道分岐

南側は埋められているとのことなので、まずは坑門が現存する北側から探索を開始。 写真に写っているマフ巻きさんの軽トラの奥に江畑隧道が口を開けている。

 
江畑隧道 北側坑門
大正4(1915)年竣工・昭和50年頃廃止

近代土木遺産にも名を連ねる貴重な隧道だが、坑門はアーチ部分を残して原型を留めないほど崩れ去ってしまっている。 これほど損傷の激しい坑門の例は他にはあまりなく、主街道でない町道の隧道ということで構造自体が甘いのかもしれない。

   
隧道の傍らに安置(?)されている扁額。右書き! 本来はこの場所に扁額が掲げられていたはずだが。

 
江畑隧道 内部

事前の情報通り内部は水没している。 が、既に入洞しているマフ巻きさんは腰辺りまで水に浸かっており、水位は予想以上に高い。 マフ巻きさんの話ではこれでも水量は少ない方らしいが。 正直言うとここから閉塞地点が見えているということだし、 「やめようか」と思わぬでもなかった。(マフ巻きさんゴメン(笑))
   
内部。 振り返って入口を見る。

水位が予想以上に高いので、慌ててズボンのポケットからサイフ、携帯、デジカメ(サブ)を取り出し入口に置いて行くことにした。 深い所では水深1mを超えている所もあり私も腰の辺りまで水に沈んだ。泥の堆積はそれ程でもなく、歩き難いことはない。 内部は入口10mほどを除いて大部分がブロック積みで造られている。入口のコンクリ巻きは坑門にも及んでおり、竣工時の坑門は今とは違う姿だったのかもしれない。
 
閉塞地点

再び覆工がコンクリに代わり、南側の出口と推定される場所で土砂により閉塞している。 廃止時に外側から埋めたのだろう。ここまでの全長は50m〜70mぐらいだった。
   
上部に至るまで一片の隙間もない。脱出不可。
 
閉塞箇所から振り返る。
こうして見るとブロックは歪で、決して上手な積み方とは言えないと思う。

 
北側から脱出。泥に少しだけ苦労した。




 
南側旧道分岐

南側は隧道に至るまでの旧道全体が埋められており、道路の痕跡は何一つ見つけられなかったが、 地形から判断しておそらくここから右に分岐していたはずだ。
   
旧道 分岐点を振り返る。

土を盛られ約30年の月日が流れ、すっかり自然に還ってしまっているが、薮以外に特に障害なく前進できることが元道路の証拠と言えるかもしれない。
 
坑門跡(推定)

分岐から約50m来た所で突然勾配が急になり進むことが困難になる。坑門上部だった自然の地形にぶつかったためだろう。 この地下に江畑隧道南口が眠っているものと思われる。

トップページに戻る道路旧道一覧に戻る