旧国道305号線・越前海岸の旧隧道群(越前岬周辺)

トップページに戻る道路旧道一覧に戻る



 
A地点

呼鳥門トンネルを抜け左右集落に入ると、国道は海沿いに大きくカーブする。 その外側、本来直進していた旧国道の入口に小さな隧道が口を開けている。
   
左右二号隧道 三国側坑口 左右二号隧道 内部

扁額がないので名称がわからないが、位置と順番から判断して左右二号隧道ということになるだろうか。 これまでに見てきた大味、銭ヶ浜、鳥糞等の隧道と比べると断面が一回り小さいように見える。 α星さんの掲示板情報によると平成10年廃止とのこと。
 
左右二号隧道 敦賀側坑口
昭和29年竣工 延長33.2m 幅員5.0m 高さ4.5m

   
隧道を抜けると通行止。 B地点 合流地点。新道により分断されている。

 
B地点の新道から鳥糞岩を見る。

   
B地点 旧道分岐 左右一号隧道 三国側坑口

続いて見える左右一号隧道は現存しているのが不思議なぐらい土被りも少ない簡素な素掘隧道だ。 案内板によると越前岬灯台や水仙ランド等の観光地へのアクセス道となっているらしく、 二号隧道とは打って変って結構な交通量がある。 α星さんの情報によると平成2年に国道としての役割を終えているそうだ。
 
左右一号隧道 敦賀側坑口
昭和28年竣工 延長15.0m 幅員5.7m 高さ4.5m

   

素掘り隧道を抜けると道路は突如として異常な急勾配(20%〜30%?)になり、 規模も新しさも中途半端な旧国道らしからぬ橋(右の写真)を通った挙句、 あらぬ方向(東方の山中)へと向かってしまう。さすがに「これは変だ」と思い引き返す。
 
C地点 血ヶ平隧道
昭和26年竣工 延長19.0m 幅員4.0m 高さ3.7m

本当の旧道はこんな所にありました。 隧道上に見えているのが右上の写真の橋なので、だいたいの位置関係を理解して頂けるだろうか。 左右一号隧道〜血ヶ平隧道間の約100mの旧道は整地され、全く痕跡がなくなってしまっている。
血ヶ平隧道の廃止年は平成3年。(α星さん情報)
   
血ヶ平隧道 三国側坑口 血ヶ平隧道 敦賀側坑口

隧道の周辺は緑地として整備されつつあり、血ヶ平隧道も景観の一部としてマッチしているように見える。

 
血ヶ平隧道から越前岬を見る。

血ヶ平隧道を抜けるとそこはもう越前岬だ。 隧道リストによると昭和42年当時は幅4.0mの素掘り隧道で岬を貫いていたはずなのだが、 この位置からは2車線幅のトンネルしか見えない。越前岬隧道一体どうなってしまったのだろう?


トップページに戻る道路旧道一覧に戻る後編へ