山陽本線旧線・船坂トンネル

 

明治24(1891)年に山陽本線の前身である山陽鉄道が岡山駅まで延伸し神戸と岡山が鉄道で結ばれた。 兵庫と岡山の県境である船坂峠には難工事の末に船坂トンネル(1,138m)が竣工している。 明治43(1910)年の上郡〜三石間の複線化では船坂トンネルには新規に下り線トンネル(1,172m)が 単線並列で建設され、従来のトンネルは上り線専用になった。
その後、昭和35(1960)年の電化時に老朽化していた 旧上り線トンネルは廃止される事になり、2.6km(新船坂トンネル、L=2,003m)の新線に付替えられた。

トップページに戻る廃線隧道一覧に戻る



   
船坂山隧道 岡山側坑口 船坂トンネル坑門上から岡山方面を見る

船坂トンネルの旧上り線トンネルは現在も使われている下り線トンネルと並んで 口を開けているはずなので、 地図に下り線トンネルの坑口上を通る実線道が描かれている岡山側から探索する事にした。 この道に入ると地図通りすぐにトンネルを抜けた下り線の線路が見えた。 掘割りには梯子も設置されていたので保線用の通路として利用されているようだ。
 
船坂トンネル(下り線)岡山側坑口
明治43年開通、延長1,172m

下り線トンネルは電化に際して昭和34年〜35年にかけて休止した上で電化工事を施している。 この間の約1年だけ鉄路が新トンネルに移り空席になった旧上り線トンネルが暫定的に下り線として利用された。
   
中間部から芦原方面を見る 中間部から吉崎方面を見る

下り線とは通路を隔てた反対側が旧上り線の深く長い掘割りだ。 これほど大規模な掘割りが掘削されたのは、トンネル延長を少しでも短くする為だと言われている。 保線用と思われる通路からは旧上り線に向けても階段が設置されており、それを下りた所が旧上り線トンネルの坑口である。
 
旧船坂トンネル 岡山側坑口
近代土木遺産Cランク

旧船坂トンネルは宇宙線観測施設として利用されており、 現在は内部をうかがい知る事は出来ない。 坑門は総石積みの立派な造りで、巨大なピラスターと楯状迫石のアーチが印象的だ。 扁額には名称である「船坂隧道」の文字と、その上段に「明治廿二年六月一日起工」と刻まれている。

 
船坂トンネル扁額

   
旧国道2号線の船坂峠 兵庫県側の旧国道、ここから斜面を下る事にした

旧船坂トンネルは通り抜けられないので、旧国道の船坂峠を越えて兵庫県側へと向かう。 この時は知らなかったのだが旧船坂トンネルの建設は工期を短縮するために、 直上3ヶ所から立坑を掘下げて両坑口と合わせて計8ヶ所から掘り進めたらしい。 旧国道の兵庫県側はちょうど旧トンネルの真上辺りを通っているので、 付近を探せば何らかの立坑の遺構が見付かるかもしれない。
兵庫側の坑口へは地図で大体の当たりを付けて、傾斜の緩い斜面を選んで下りる事にした。
 
船坂トンネル 兵庫側坑口

狙い通りすぐに兵庫県側の坑口を発見した。 周囲を見渡してみても、 やはりこちら側には旧トンネルへの正規ルートのような物は無いようだった。 ここから路盤に下りるには急傾斜の擁壁を下るしかないようなので、 実行するなら細心の注意が必要だ。(他のルートを探した方が無難かも)
   
坑門上から兵庫県側を見る。左の薮地が旧線跡。 船坂トンネル(下り線)兵庫側坑口

下り線の坑門を見ると岡山側が煉瓦積みだったのに対し、 こちらは旧トンネルと同じデザインの石積みで造られていた。 これは岡山側の坑口が上下別々の掘割りに口を開けていたのに対し、 兵庫側は上下線の坑口が真横に並んでいる為に 両坑門を一体化させて左右対称に見えるように配慮された結果だと思う。 もっとも現在は旧上り線トンネルの坑門は草木に覆われてしまい、 正面からは殆ど見えなくなっている。
 
旧船坂トンネル
視界が悪いが坑門の構造は岡山側と全く同じ

   
楯状迫石と扁額 扁額の上段に起工日、下段に竣工日が刻まれている

   
旧船坂トンネル内 トンネル内から兵庫方面を見る

兵庫側の坑口も以前は塞がれていたらしく足元に朽ちた板材が散乱していた。 今となっては後悔しているが、この頃はまだ1kmを超える廃トンネルを歩いた経験が無かった事もあって 内部進入はしなかった。 これについてはいずれ再訪して立坑と合わせて再調査したい。

トップページに戻る廃線隧道一覧に戻る