掛川市 杉谷の3隧道

 
大正5年修正「掛川」(1/5万地形図)
※カーソルを合わせると現在の地図に変わります

旧版地形図によると掛川町から南郷村(昭和18年掛川町に編入)を経て上内田村(昭和25年掛川町に編入)に至る里道(聯路)の道中、杉谷地内に 3つの隧道記号が描かれている。 この里道は大正時代から全線が荷車通行可の道として描かれてはいるが、 古くから整備の進んだ青田隧道を通る県道相良掛川線(現掛川大東線)と平行していた為、 道の重要度としてはそれほど高い物ではなかったと思われる。 現在は里道とほぼ同じ道筋で掛川市道「掛川五百済(いおずみ)線」が通っており、 県道を補完する掛川市の重要路線になっている。
大正8年に施行された旧道路法により里道の内、主要な路線は市町村道に移管されているので、 当里道はこの時ほぼ間違いなく町村道認定を受け、 市制施行(昭和29年)に伴い市道(掛川五百済線)になった物と想像される。
現市道は大部分が旧里道と重なっているのだが、 3隧道が存在する杉谷地内においては 里道がヤマハリゾートつま恋(昭和49年オープン)と東名高速(昭和44年開通)の敷地に 取り込まれている為か南側に大きく迂回している。 これら大型物件の真っ只中に残された隧道群はどうなっているのだろうか?

トップページに戻る道路旧道一覧に戻る



 
※カーソルを合わせると現在の地図に変わります

幸か不幸か現行地形図にも隧道を含む里道の一部が点線(徒歩道)で描かれているので、 現状調査は容易そうである。 ただ、旧地形図と照らし合わせてみると、旧里道は二つ目の隧道を抜けた後、 つま恋敷地内多目的広場の庭園路(二重点線)に接続しており、 三つ目の隧道は明らかに無事ではなさそうだ。
今回の探索スタート地点は杉谷2丁目の点線開始地点からとした。 この場所は現在では南北の市道から唐突に点線道が始まっている形だが、 旧地形図によればやや複雑な経路を取っているものの、以前に 現状報告で紹介した葵町隧道(仮称) に繋がる一つの路線だったようだ。 これらの旧里道跡は、拡幅されたり路地(点線、実線)になったりしながら残っている箇所も多いが、 一部は住宅地になって消滅している。

 
A地点 杉谷2丁目点線分岐地点

ごく平凡な住宅地の交差点だが、ここが隧道群に至る点線の入口である。 二つ目の隧道まで僅か300m程の道のりなので順調に進めば往復30分もかからないだろう。
今立っている南北に続く市道は昭和50〜60年頃に開通した割と新しい道で、 それ以前はここには東西に横切る旧里道しか通っていなかった。 今では交差点から西側の旧里道は宅地化され跡形も無くなっていた。
   
未舗装路の始まり 一号隧道

分岐から100mほど進むと舗装路は民家に向けて別れ、本線は芝生敷きのような未舗装路になる。 轍はなく軽トラぐらいなら通れるだろうが車道と言うには幅員も不足気味で、 大正時代の荷車道からあまり手が加えれていない様子だ。 カーブを曲がると早くも短い隧道が口を開けているのが見えた。
 
一号隧道 掛川側坑口

入口から1分少々で一つ目の隧道に到着。小さな尾根に穿たれた100%素掘りの隧道だ。
坑口付近に僅かに崩れた土砂が堆積しているが、 土の表面が剥れ落ちただけのような感じで、基本的に洞内は安定しているように見える。
   
内壁には鮮やかな地層が露出している。 振り返って掛川側を見る。隧道内から見えるほど民家が近い。


 
一号隧道 五百済側坑口

五百済側の坑口傍には何故か山側の斜面に梯子が架けられていた。 路上に桶も置いてあるので農林作業用の通路として使われているのだろう。
   
掘割り 掘割り内から掛川側を見る

一号隧道を抜けるとすぐに幅1.5m、高さ3mほどの縦に長い掘割りが現れる。 側壁に露出した地層は一号隧道と全く同じで この掘割りを見て一瞬、二つ目の隧道が開削された姿かと思ったが、 地形図をよくよく見るとそうでは無いらしい。 隧道にするには尾根の高さも足りない気がするし、元から掘割りだったのだろう。
 
二号隧道

掘割りの出口からは、もう次の隧道が見えていた。 位置的にもこれが正真正銘の二つ目の隧道なのだろう。 坑口前には竹を始めとする倒木が散乱しており、 一号隧道のような現役臭は感じられない。

 
二号隧道 掛川側坑口

坑口も地表を掘り下げて建設したらしく、 露出地層が隧道前の側壁から坑門そして内部へと一つの流線を形作っている。 地形図上では一号隧道と変わらぬ小隧道のはずだが、坑口に正対しても出口の光は見えない。 閉塞しているのか?
   

日当たりの悪さと天井の低さが相まって、 坑口からはわからなかったが洞内に入るとすぐに閉塞が確認出来た。 久しぶりに見るコンクリート壁による厳重かつ完璧な閉鎖である。 残った洞内の長さから察するに、この壁の裏側が五百済側の坑口だと想像される。 現行地形図ではこの二号隧道がつま恋に繋がっているように描かれていたが、 それは微妙ではあるものの決定的に間違っていた事になる。
 
閉塞壁から振り返って掛川側を見る。
これが現在残っている二号隧道の全貌である。


 
二号隧道の坑口上から掛川方面を見る

隧道は短く、斜面を10mも登れば容易に尾根上に達する事が出来そうだったので、 五百済側の現状を確認すべく登りやすそうな坑口右脇の斜面から登ってみる事にした。
   
尾根上に建つ多目的広場のグランド
 
尾根上から見た五百済方面。
本来の地形はグランドの下に埋没している。

見た目通り斜面は非常に登りやすく、 サンダル履きの足でも僅か1分足らずで尾根に到達した。
そこにはつま恋の多目的広場の管理事務所らしき建物が建っており、 尾根より五百済側、 つまり二号隧道坑口を含めた里道は、 広大な多目的広場の地下に埋没しているであろう事が理解出来た。 洞内の厳重な閉塞壁は万が一にもグランドが沈下・陥没しない為の必要処置なのだろう。
 
昭和58年航空写真
二号隧道の右下にある白い建物が管理事務所

航空写真と地形図を照らし合わした結果、 三号隧道は楕円形の多目的広場の南端辺りの地下に埋まっており、 里道はその先で高度を下げてきたつま恋の庭園路と折り重なるように合流しているようだ。 もっとも、それらの痕跡は残っているはずもなく、全ては机上の想像である。

トップページに戻る道路旧道一覧に戻る