隧道現状報告

 


現代の大規模な土木技術の前では前時代の隧道など、 跡形も無く消滅してしまうことも少なくありません。 このコーナーでは古い隧道の現状を確認すると共に、既に消えてしまった隧道の当時の姿や、 建設に至る経緯を出来る限り調査、想像し記録に留めたい思います。 古い隧道について情報をお持ちの方、ご質問のある方は是非ご連絡下さい。

※このコーナーの探索・製作に当たっては普段にも増して「山形の廃道」様の全国隧道リストのお世話になって
  います。
※現状報告については管理人の推測による記事も多分に含まれていますので、必ずしも正確ではありません。
  誤りなどに気付かれた方はご教示下さい。
※管理人以外にも現状を報告してくださる方を随時募集中です。
※左のフレームの括弧は
  (廃)…廃道(自動車通行不可)、(旧)…旧道化(自動車通行可)、(改)…拡幅改修済、 (消)…撤去・消滅
  (歩)…歩道トンネル化、(現)…現役、の意味です。新着表示は約1ヶ月間表示します。


トップページに戻る