丸田隧道

丸田隧道跡

丸太隧道は昭和30年3月31日に北宇和郡三浦村・高光村が宇和島市に編入された際、 三浦村の要望によって建設された。
この時、三浦村は「黒ノ瀬、無月峠、豊浦地区」にも隧道建設を要望しているが、 無月峠は昭和56年(無月トンネル、L=748.0m)、 豊浦地区には平成3年(豊浦トンネル、L=473.0m)になってようやくトンネルが開通し、 黒ノ瀬に至っては未だに着工の目途すら立っていない。 これら3件は丸太隧道ほど簡単には行かなかったようだ。
他に先駆けて開通した隧道も無月トンネルが開通する頃には時代遅れのスペックとなり、 昭和54年に開削され切り通しになった。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
(一)無月宇和島線
(一)無月宇和島線
昭和30年
昭和54年撤去
68.0m
3.4m
3.5m
宇和島市

 
隧道記念碑


トップページに戻る