わくさわ隧道

わくさわ隧道跡(奥が仙台側)

仙台村田線に存在していたもう一つの隧道は、道路改修に伴い開削されている。
昭和50年の航空写真では既に存在していない様子なので、 馬越石隧道の拡幅と同時期(昭和48年)に撤去されたものと想像される。 「わくさわ」とは「湧沢」であり、 茂庭盆地より名取川に流れ落ちる御所川の支流の一つである。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
(主)仙台村田線
(一)菅生折立線
昭和10年
撤去
31.8m
3.0m
2.8m
仙台市太白区


 
わくさわ隧道跡(奥が村田側)

トップページに戻る