馬見原隧道

馬見原隧道跡(奥が高森側)

大正時代の覆工有の隧道という事で坑門の衣装に興味があったのだが、 残念ながら開削済であった。 割と最近の地図でも隧道記号が載っている事があり、 昭和51年の航空写真でもはっきり隧道の存在が確認出来る。 初めてこの道を通ったのは10年ほど前の事だったが、その時は隧道があったかどうか…。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
国道265号線
国道265号線
大正11年
撤去
95.6m
5.5m
4.5m
阿蘇郡蘇陽町


 
馬見原隧道跡(奥が五ヶ瀬側)

トップページに戻る