矢崎隧道

矢崎隧道(甲府側坑口)

富士川沿いの崖を貫いていた隧道を拡幅改修したトンネル。
正確な改修年はわからないが、 国道52号線の一次改築(昭和38年度〜46年度)による改修なのは間違いないと思う。 平成2年11月には西島バイパスが開通し、折角拡幅したトンネルも旧道化している。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
国道52号線
国道52号線
大正3年
拡幅
20.0m
4.4m
3.5m
南巨摩郡中富町


 
改修前の矢崎隧道

左手に見える石垣は現在にも残る隧道開通以前に使われていた道(旧道)。 旧道は車両の通行は難しそうなので、 馬車の通れる道を確保するために隧道が掘られたんだろう(隧道を抜けた所に馬車が写っている)。

   
清水側坑口。現在は県道403号線。 富士川に架かる月見橋。


 
隧道(改修前)より富士山を望む。
※カーソルを合わせると画像が変化します


 
隧道(改修前)より甲府方面を見る。

トップページに戻る