二越隧道

二越隧道(守実側坑口)

今回紹介した藤野木周辺の3隧道で唯一現存している隧道。
ただし町道の改良は堤隧道を飲み込み、 二越隧道にも迫る勢いなので余命幾許も無いのかもしれない(と言うのは少し大げさか)。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
大正10年?
現役
−m
−m
−m
下毛郡山国町


   
竣工時からの物では無さそうなコンクリ製の坑門 新道記念碑

守実側坑口の傍に新道記念碑が建っており、 それによると「二越道路、大正10年開通」との事だ(時間の都合上、全文は解読しなかった)。
 
二越隧道から朝尾野方面を見る。


 
朝尾野側坑口

こちら側の坑門は傷みが進んでおり古めかしく見えるが、 デザインは守実側と同じ物なので同時に建造された物だろう。

   
県道43号線との合流点 新道記念碑

隧道から1kmほど下ると朝小野にて県道43号線(玖珠山国線)と合流する。
ここにも「新道記念碑」が建っていたので内容を確認してみると、 二越隧道とは直接の関係は無い「古後〜春田」間(県道43号線)の開通記念碑(昭和7年開通)だった。

 
昭和2年要部修正「耶馬渓」(1:50,000地形図)
※クリックすると地図が変更します。

トップページに戻る