後山隧道

後山トンネル(菊川側坑口)

扁額には昭和43年5月竣工と刻まれているが、 隧道リストには大正6年竣工との記載があるので 昭和43年は改修年を指しているのだろう。 明治隧道の多い遠州地方だけに 後山隧道も明治時代から存在していた可能性が高いと思うのだが、 手持ちの地形図は「大正5年修正測図、大正9年発行(1/5万)」なので 明治隧道とは断定出来なかった。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
(主)掛川浜岡線
(主)掛川浜岡線
大正6年?
昭和43年拡幅
85.5m
−m
2.9m
−m
3.0m
−m
小笠郡菊川町〜掛川市


 
菊川側坑口

トンネルの周囲を簡単に調べてはみたが旧隧道の遺構は全く発見できなかった。 大正6年製という年代を考えると煉瓦覆工の隧道だっただろうと思われる。
   
後山トンネル扁額。 後山トンネルから掛川方面を見る。


 
後山トンネル(掛川側坑口)

トップページに戻る