坊之谷隧道(仮称)

坊之谷隧道 北側坑口跡

地図を見ていると佐栗谷トンネル西方に、 一般道の旧道っぽいトンネルが描かれていたので行ってみたのだが、 そこにあるべきトンネルは既に無かった。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
廃道
昭和63年撤去
−m
−m
−m
小笠郡小笠町

   
北側旧道分岐 分岐から旧道を見る

この日(H17.11/06)はメインのデジカメが壊れる程の土砂降りの上、 旧道も薮だらけで訳がわからん状態だったので「とにかく隧道は現存しない」 という確認だけ取って早々にこの場を去った。

 
ここが南側の旧道分岐のはずだが…

約2年ぶりに再訪する機会を得たので、 今回はずっと気になっていた南側も確認してみた。
南側の旧道は地図やカーナビでは「国際海洋一高」の傍から 分岐していたはずだが明らかに様子がおかしい。

 
佐栗谷隧道(堀之内軌道) 掛川側坑口

学校が傍にあるせいか割と厳重に設置されている柵(上の写真にも写っている)から外を覗き込んで見ると、 隧道どころか山さえ存在せず、むしろ今立っている地面より遥か低い平地が広がっていた。 ここいら一帯には地図上でも複数の採石場が存在しているので、隧道の消滅も採掘活動の結果だろう。
   
昭和58年航空写真 昭和63年航空写真

昭和63年の航空写真を見ると隧道の通っていた山の南半分が削り取られているのが確認できる。 新道自体は昭和50年頃には開通していたようだ。
 
小笠・浜岡境周辺

トップページに戻る