小笠隧道

小笠隧道跡(奥が大須賀側)

県道69号線と244号線(大東菊川線)の重複区間に存在していた小規模な峰越隧道。
明治の地形図に記載されている歴とした明治隧道であり、 大正期には県道掛川相良線として指定されている。 航空写真の見比べによって撤去年は昭和50年〜58年の間に絞る事が出来た。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
(主)相良大須賀線
(一)掛川相良線
明治期
昭和34年拡幅
昭和50年頃撤去
30.0m
5.0m
4.5m
小笠郡小笠町


 
小笠隧道跡(奥が相良側)

トップページに戻る