亀の甲隧道(仮称)

大正9年発行「掛川」(1/5万地形図)
※カーソルを合わせると現行地図に変化します

掛川市街南部は丘陵が複雑に入り組んだ独特の地形を形成しているが、 現在の東名高速を始めとした道路(県道403号、農道掛川高瀬線等) はその地形を物ともせず縦横に突っ切っている。 これらの道路は全て戦後の高度経済成長期に建設された物であり、 それ以前はこの丘陵地帯を克服する為に少なからず隧道(上張結縁寺、亀の甲、葵町)が穿たれていたようだ。
近年、市街地の拡大による造成が進んだ為、 上記の4隧道は地形図からも消滅し、その運命は極まったかに見えたのである。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
明治期
撤去
−m
−m
−m
掛川市


   
昭和50年航空写真 昭和63年航空写真

掛川駅南部に位置する亀の甲地区は、元々は水田の広がる農耕地域だったが、 昭和50年代から開発が進み現在ではすっかり新興住宅地化していた。
亀の甲地区にもかつては小さな隧道が存在しており、 その隧道は昭和50年の航空写真で既に開削されているのが確認できる。 さらにその後の造成によって隧道が存在していた丘や道路さえも完全に姿を消してしまった。
 
A地点からパレスホテルを見る

新旧の地形図を重ね合わせてみると亀の甲隧道は、 現在パレスホテル掛川が建っている場所辺りにあったようだ。 当時はこの位置から隧道が貫いていた丘が見えていたはずである。

 

トップページに戻る