宮地隧道

宮地隧道

かつては天井川だった明治川の下に道路を通すために造られた天井川隧道。
現在では天井川は解消され、それに伴い隧道も撤去されている。 当時の写真を見ると橋脚も有り構造的には隧道と言うよりは橋梁なのだが 、扁額には右書きで「宮地隧道」と書かれている。 正確な竣工年はわからないが、大正13年に井口〜宮浦間の県道が開通したという 記録があるので、隧道もこの時に完成したのかもしれない。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
(主)大三島上浦線
平成4年撤去?
−m
−m
−m
越智郡大三島町

 
宮地隧道跡(奥が井口側)

宮地隧道跡地。 明治川は普通の河川になり、 県道(旧道)はその上を新地橋(平成四年八月完成)を架けている。
   
昭和56年航空写真 新県道の宮前橋

昭和53年頃に開通した県道バイパスも、 開通当初は明治川の下を潜っていたがこちらも旧道と同時期に改修され、 現在は宮前橋(平成五年三月完成)が架かっている。
   
県道21号線 トンネル下バス停

天井川と共に隧道は無くなったが、 今でも「トンネル下」と言う天井川隧道に由来するバス停が残っていた。

トップページに戻る