第一鹿口隧道

第一鹿口隧道跡(奥が竹田側)

    ほとんど跡形もなく開削撤去されている。 記録に残るスペックからだいたい平隧道と同規模だったことが窺える。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
国道442号線
(主)竹田小国線
明治期
撤去
22.5m
4.2m
6.0m
竹田市


   
第一鹿口隧道跡(奥が小国側) 第一鹿口隧道跡(奥が竹田側)

 
昭和29年応急修正「竹田」(1:50,000地形図)
※カーソルを合わせると現行地図に変化します。

トップページに戻る