第二鹿口隧道

第二鹿口隧道跡(奥が竹田側)

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
国道442号線
(主)竹田小国線
明治期
撤去
11.5m
4.2m
5.0m
竹田市


   
第二鹿口隧道跡(奥が小国側) 第二鹿口隧道跡(奥が竹田側)

現在の国道は騎群峠に向けて一直線に駆け上がっているが、 地元の人に聞くと道がこのようになる前は、 屈曲の多い急坂で、しかも道幅はかなり狭かったそうだ。 そしてそんな道中に鹿口の二隧道は口を開けていたという。
 
騎群峠(奥が小国側)

騎群峠も改修が進んだ結果、あまり峠らしい雰囲気は残っていない。 また、急勾配だった竹田側に対し、 小国側はだらだら下る形になっており、 ほどなく登りに転じている。 そういう現状もあってか、地形図を始め殆どの現行地図から「騎群峠」 の名は抹消されている。

 
昭和29年応急修正「竹田」(1:50,000地形図)
※カーソルを合わせると現行地図に変化します。

トップページに戻る