古城隧道

古城隧道跡(奥が小国側)

国道442号線(竹田市内)の4隧道中で地形的に最も現存している可能性が高いと考えていた隧道だが、 残念ながら撤去済であった。(現道の切り通しの傍に残ってそうだと思っていた)

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
国道442号線
(主)竹田小国線
明治期
撤去
41.5m
4.2m
4.5m
竹田市


 
古城隧道跡(奥が竹田側)


 
昭和29年応急修正「竹田」(1:50,000地形図)
※カーソルを合わせると現行地図に変化します。

トップページに戻る