二号隧道(仮称)

二号隧道

二号隧道は大きく蛇行する小丸川をショートカットする為に掘られた 林鉄によくあるタイプの隧道である。
新しい県道もほぼ同じコースを切り通しで抜けており 隧道の撤去が危ぶまれたが、僅かに県道はズレていた為、隧道は切り通しの脇に現存していた。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
(主)東郷西都線
石河内森林軌道
昭和5年?
旧道(現役)
−m
−m
−m
児湯郡木城町


   
二号隧道 西都側坑口 二号隧道内

県道脇に口を開けているとは言え、車ではちょっと進入し難い接続の仕方をした隧道である。 洞内にも軽トラサイズの轍が刻まれているので通る車も少しはあるのだろう。 林鉄廃止後も不通区間ではあるものの一応、県道指定されていた物と考えられるが 隧道断面は非常に小さく、拡幅などは一切行われてないようだ。
 
二号隧道 東郷側坑口

こちら側は県道から離れた位置にある為、林鉄の雰囲気が色濃く残っている。 隧道以外にも目立った遺構の少ない石河内森林軌道の貴重な残存物件と言えよう。

 
新県道の切り通しから石河内方面を見る
※カーソルを合わせると軌道跡が表示されます

隧道から300mほど先で軌道は再び県道と合流し、 軌道名の由来にもなった石河内地区に到着する。
石河内の集落内を一直線に突っ切っていた軌道跡は 県道に転用され、現在では幅の広い二車線道路になっている。

 
昭和10年部分修正「尾鈴山」(1/5万地形図)
※カーソルを合わせると現在の地図に変わります



※カーソルを合わせると現在の地図に変わります
石河内森林軌道跡

無名隧道一号隧道|二号隧道|三号隧道

トップページに戻る