鳴児(鳴子)隧道

鳴児隧道

ここに「宮城懸玉造郡温泉村中山街道のトンネル」と題された隧道の古写真がある。
写真の題名と扁額に刻まれた「鳴児隧道」の文字から「山行が」や「山形の廃道」にて紹介されている「鳴子隧道」と同一の隧道とみて間違いないだろう。 現在、廃道になったいる「鳴子隧道」とは坑門の造りも扁額も異なっているので、 従来竣工年とされてきた昭和31年は改修年であり、隧道はそれ以前から存在していた物と思われる(旧版図を取り寄せればはっきりするが)。
玉造郡温泉村は大正10年に分割により消滅しているので、「鳴児隧道」は少なくともそれ以前から存在していた物とみられる。
鳴子隧道に代わる鳴子トンネル(L=225m、W=7.0m)の開通は昭和45年の事である。

現路線名
旧路線名
竣工年
現状
延長
幅員
高さ
覆工
所在地
国道47号線
国道47号線
大正期以前
昭和45年廃止
90.0m
5.0m
4.5m
玉造郡鳴子町


 


トップページに戻る