旧国道195号線・臼杵隧道と大比隧道

トップページに戻る道路旧道一覧に戻る次のページへ



 
A地点

臼杵トンネル高知側坑口。
新旧の坑門が並んでいるのですぐに旧隧道を発見できる。右側の広い駐車スペースは臼杵隧道に続く旧国道の跡。
   
A地点 2002年9月 バス停名は今も「臼杵隧道」のまま。

ここを通るときはいつも臼杵隧道の傍の食堂でおでんを食べて一休みしていたのだが、 この日(2003年7月)来てみると跡形もなくなっていた。良い休憩場所がなくなってしまい残念だ。
   

旧道も隧道以外は二車線幅があり、追い越し禁止の黄色いセンターラインが残っていた。 隧道は椎茸か何かの栽培場所に使われているようで出荷用のコンテナが山積みしてあった。完全に塞がれているので内部の様子はわからないが、一度だけ扉が開いているのを見たことがある。
 
臼杵隧道 昭和27年3月竣工・昭和62年廃止
延長170m 幅員4.6m 高さ制限4.0m

5年ぐらい前に撮った写真の坑門には「トンネル内大型車と大型車は対向できない!!」と書いたプレートが写っているので、離合は普通車と大型車が限界だったようだ。
竣工は昭和27年であり時期的に永瀬ダム(昭和28年着工・昭和31年完成)による付け替え道路と見て間違いないだろう。
   
苔に覆われ扁額の有無は確認できない。 坑門から高知方面を振り返る。
   
近くに残る「臼杵トンネル」建設の説明板。 新旧トンネルの位置を拡大。
   
おまけ 中谷川バス停(物部村・香北町境) 香北町の白看。

トップページに戻る道路旧道一覧に戻る次のページへ