吉崎鉄道跡・吉崎トンネル

 

吉崎鉄道は吉崎御坊と温泉街の芦原、大聖寺を結ぶ計画だった鉄道路線である。 大正14年12月に芦原〜吉崎間(10.3km)の免許が交付され、 昭和3年に同区間の建設が着工、吉崎駅から南に向かって工事が進められた。 しかし芦原付近での用地買収の難航、 昭和不況による資金繰りの行き詰まり、 さらには経営陣の内紛などにより昭和8年に工事は中断、 翌年には免許も取り消されてしまった。 戦後になって地元有志による大聖寺芦原電鉄計画が運輸省に対して申請されるも却下され、 吉崎への鉄道は再開される事無く幻に終わった。
昭和3年から昭和8年の間に完成していた路盤は吉崎〜福良池付近まで約2.4km。 ほとんどの区間が県道や国道の建設用地に転用されているが、 吉崎鉄道に唯一あった短いトンネルが車道化を免れ現存している。

トップページに戻る廃線隧道一覧に戻る



   
A地点 県道から分岐している路盤跡 A地点からトンネルに続く路盤を見る

吉崎駅の予定地(県道5号と29号の交差点付近)から県道29号線(福井金津線)を 南に300mほど進んだ所からトンネルへと続く未成線跡が分岐する。 吉崎鉄道跡地の大部分を飲み込んだ県道だが、 トンネルが貫く小丘は避けて北潟湖沿いに道路を新設している。 こうして見るとどうしてもトンネルが必要な地形には見えないが、 湖岸に鉄道を敷設できない事情でもあったのだろうか?
トンネル前後の未成線の跡は一時は農道として細々と利用されていたと聞くが、 現在では一帯は非常に深い薮に覆われており道形すら判然としない。 昭和50年の航空写真と現状を比べてみると、 農地自体が既に耕作放棄地になっているようで通る人も無いんだろう。 「鉄道廃線跡を歩く[」によると、 この辺りに小規模な橋台があったらしいが薮漕ぎに必死で見つける事は出来なかった。
 
昭和50年の航空写真
この頃はまだ路盤の跡が鮮明に残っている


 
吉崎トンネル 吉崎側坑口

激薮になっている約100mの明かり区間を進めば唐突にコンクリート製のトンネル坑門が現れる。 短い区間ではあるがあまりの薮の深さに終始路盤は判然とせず、 正確に廃線跡を辿るの事は困難だった。この坑口にしても直前まで全く見えなかった程だ。
コンクリート覆工の断面は一般的な鉄道トンネルの馬蹄形だが、 高さが約3mと低い為に道路トンネルのようにも見える。

 
吉崎トンネル内から吉崎方面を見る

   
中間部から芦原方面を見る 中間部から吉崎方面を見る

全長30〜40m程度の短いトンネルにもかかわらず芦原側の約半分は素掘りのまま放置されおり、 まるで未成に終わった吉崎鉄道を象徴するような未完成のトンネルである。 素掘り部分の断面はコンクリート覆工箇所よりも一回り狭く、 掘削半ばで工事が中断した事を物語っているかのようだ。
 
洞内から芦原方面を見る


 
吉崎トンネル 芦原側坑口

素掘りのままの芦原側坑口。 頻繁に崩落が起こっているらしく足元に大量の土砂が堆積している。 由来を知らなければとても鉄道トンネルには見えない状態だ。
   
トンネル前から芦原方面を見る 未成線跡と県道の間の湿地帯

トンネルを抜けた未成線跡は県道と湿地帯を挟んで並行し 100m足らずで県道と合流している。 吉崎側ほどではないがこちらの路盤跡も薮化しており、 所々が湿地に侵食されていて足場も悪かったので坑口から真っ直ぐ西に県道へ脱出した。 トンネルを見る事だけが目的なら、 このルートが一番薮が薄く通り易いのでお勧めです。

トップページに戻る廃線隧道一覧に戻る